確かにJBSエクワイン100αは最高級のプラセンタだけど……

JBSエクワイン100α

今回は日本生物製剤のJBSエクワイン100αのレビューをしていきますね♪

【JBSエクワイン100αの特徴】
・販売会社 株式会社日本生物製剤
・国産サラブレッド馬プラセンタ
・1粒307mg配合
・最高級医療機関専用プラセンタ原末使用
・プラセンタ注射剤「ラエンネック」と同じ抽出法
・原材料 プラセンタエキス(ウマ)、HPMC、着色料(酸化チタン)

【販売価格】
・価格 13,800円+税

 

最高級プラセンタと認めざるを得ません……

JBSエクワイン100αを製造販売しているのは株式会社日本生物製剤という会社です。プラセンタや医薬品、健康食品、化粧品などを製造している会社のようですね。

このJBSエクワイン100αは、国産サラブレッド馬プラセンタを使用しているので安心感があっていいですよね。さらに、原料のプラセンタからプラセンタ原末を抽出する方法が「ラエンネック」というプラセンタ注射に使うプラセンタの同じ抽出法なのだそうです。

ということは、医療関係のプラセンタと抽出法が同レベルということで、本格的ですね。商品説明にも書かれているように、「医療機関専用プラセンタ原末」ですからね。

そして、1粒あたりのプラセンタ配合量が307mgもあります。1箱(約1カ月分)に100粒入っていて、1日の摂取目安が2~4粒なので、普通に飲めば1日あたり614~1,228mgもの大量のプラセンタを摂取することができるんですね。しかも最高級のプラセンタが。

 

私も正直このプラセンタが欲しいです。ですが……

非の打ちどころのない程の理想的なプラセンタで、正直、私もこれを飲みたいです~

でも……

値段が高~~~い!!!

なんと言っても1ヵ月あたり13,800円+税です。
庶民派の私には、毎月こんなにも出費がかさむと厳しいです~(>_<) でも、お金に余裕がある人や、深刻に悩んでいるなどして、無理してでもなんとかこのプラセンタを!というような人は、このJBSエクワイン100αは最高レベルのプラセンタなので購入されると良いと思います。

私は金銭的にきついので、JBSエクワイン100αよりは劣りますが、こちらのプラセンタにしています。やっぱりいくら良くても続けられないと意味がないですからね。

yajirushi1コスパ過去最高の馬プラセンタサプリ体験レビューはこちら
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ