EGプラセンタつぶ11000の裏を徹底暴露!

egplacenta11000

今回はナチュラルガーデンのEGプラセンタ11000のレビューです☆

【EGプラセンタつぶ11000の特徴】
・販売会社 株式会社ナチュラルガーデン
・国産SPF豚使用
・1日3粒中プラセンタ11000mg配合(原料換算・実質336mg)
・コラーゲン、ツバメの巣エキス、オリゴぺペプチド配合
・GMP工場で製造

【販売価格】
・90粒(30日分)4,048円+税+送料
・定期コース 2,750円+税(送料無料)※ただし、4ヵ月の継続が必要

 

こちらのEGプラセンタつぶ11000、国産SPF豚で、GMP工場で製造されているので、品質のほうは良いと思います。

※SPF豚……豚の健康に悪影響を与える病気がない豚。普通の豚より健康。
※GMP工場……厳しい品質基準をクリアした工場

 

11,000mgもプラセンタが入っているはずがない!

でも、どう考えても、プラセンタの配合量をあたかもたくさん入っているように見せかけているとしか思えないんですね。

販売ページをチェックすると、3粒中(1日分)に11,000mgのプラセンタが入っていると確かに書かれています。11,000mgということは11gです。さすがに、1日分でこれだけの大量のプラセンタが入っているサプリはあり得ないです。

では、この11,000mgというのは一体何なのでしょうか?

これは実は、原料のプラセンタ(豚の胎盤)が11,000mgということなんですね。商品化するには、この原料(豚の胎盤)からたくさんの不要物や水分を取り除かないといけないわけです。

 

プラセンタ配合量を欺いているも同然!?

では、このEGプラセンタつぶには、3粒中に実質どれだけのプラセンタが入っているのでしょうか。

販売ページのだいぶ下の方にいったところの、原材料が表示されている部分に、小さく目立たなく「プラセンタエキス末336mg」と書かれています。なので、3粒中には336mgのプラセンタが配合されているというのが本当なのです。11,000mgとは大違いですね(笑)

336mgなのにもかかわらず、販売ページには11,000mg配合と、何度も目立つように大きくアピールされています。これは、知識のない消費者を欺いているとしか私には思えません。

もちろん、原料がどれくらいなのかを単にアピールするのは問題ないと思います。しかし、あたかも原料=配合量と勘違いしてしまうような書き方はどうかと思います。

 

実は大半の業者も同じ。確信犯!?

実は、以上のようなことは、このEGプラセンタつぶに限ったことではないんですね。大半のプラセンタサプリ販売会社がやっています。なぜだか知らないですが、豚プラセンタにこういうことが多いです。馬プラセンタではほとんど見かけません。

このような業界の悪習を早くなんとかしてもらって、正々堂々と販売してもらいたいですね。

それでも、このプラセンタ自体を見ると、品質と配合量はとても良いと思います。ただ、豚プラセンタにしてはかなり高額な部類に入るので、このくらいあって当然かなという気はします。

あと、定期コースは4ヵ月継続しないといけないというのは正直キツイですね。利益至上主義の会社だと思います。

 

【EGプラセンタつぶ11000の総合評価】
・あたかも大量のプラセンタが配合されているかのような表記
・品質などは良いが、価格設定が高い
・定期コースは4ヵ月継続しなければならない
以上の点で、EGプラセンタつぶはおすすめできません。

 


そもそも豚プラセンタってあまりおすすめできません。私はプラセンタサプリに関する口コミなどを日々調べていますが、やはり実感度が圧倒的に高いのは馬プラセンタです。

私が一番おすすめしているプラセンタは、純国産馬プラセンタにもかかわらず、EGプラセンタつぶ11000の定期コース(2,750円+税)よりも値段が少し安いですよ。

こちらで体験レビューを書いていますので、本気でプラセンタサプリで美容や健康を手に入れたい方は是非ご覧ください!

yajirushi1過去最高の馬プラセンタサプリ体験レビューはこちら
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ