DHCのプラセンタは効果が期待できるか?口コミ・評判など

dhcプラセンタ

こんにちは!
今回はDHCのプラセンタサプリについてレビューしたいと思います。

【DHCプラセンタの特徴】
・販売会社 株式会社ディーエイチシー
・豚プラセンタ使用(国産SPF豚)
・1日3粒総重量1,212mg(内容量762mg)
・3粒(1日分)あたり、プラセンタ濃縮末360mg配合
・トコトリエノール7mg, ビタミンB2 1.5mg配合
・凍結酵素抽出法
・主要原材料 プラセンタ濃縮末(国産SPF豚由来)、トコトリエノール、ビタミンB2
・調整剤 オリーブ油、ミツロウ
・被包剤 ゼラチン、グリセリン
・価格 30日分 1,286円+送料 (※20日分もあり)

 

楽天のレビューの口コミを調べてみましたが、全体的になかなか評価がよく、何らかしらの効果を感じたという方も少なくありません。特に悪い評判はほとんど見当たりませんでした。では、本当にDHCのプラセンタは良い商品なのか、詳しくレビューしてみました。

 

DHCのプラセンタの品質は?

最初に全体的な印象をお伝えしておきますと、さすがによく知られている会社だけあって、なかなか良いプラセンタだと思いました。世間によくあるような、品質が良くないのに過剰な誇大広告で売り上げを伸ばしているようなプラセンタとは違いますね。

まず、DHCのプラセンタは豚プラセンタです。産地は国産でSPF豚なので、安心感がありますね。よく豚の産地すら公開していない会社もありますが、そういうのは論外ですね。

(※SPF豚とは特定の病原菌を持っていない豚で、簡単に言うと健康な豚のことです)

それから、商品説明を見ると「凍結酵素抽出法」というのがあります。抽出というのは要するに、原料のプラセンタから不要なものを取り除いてプラセンタ濃縮末にするということです。

正直、素人ではこの凍結酵素抽出法なるものがどんなものかわかりようがありません。でも、ほとんどのプラセンタサプリではこういった抽出法を表記していないので、逆に信頼度がアップしました。

 

DHCのプラセンタの気になる点

ただ、DHCのプラセンタで気になったのが、プラセンタの配合量の割合。内容量762mg中にプラセンタが360mg。残りの402mgは原材料の説明を見る限り、オリーブ油かミツロウがほとんどでしょう。

これはある程度大きく見せたり、数を増やしてお得感を出すためでしょうか。オリーブ油やミツロウが大半なら、別にそんなものはサプリではいらないから1粒にまとめたらどうなの、と思うのは私だけでしょうか。

それから、パッケージ前面に「プラセンタエキス3,600mg」とあるので、3,600mgもプラセンタが入っているかと勘違いしやすいですが実はそうではありません。

3,600mgはあくまでも不純物などを取り除く前の原料のことなので、実際に入っているのは360mgです。1ケタ違いますね。この辺は恣意的な感じがしてあまり好ましくありません。

それでも1日に360mgもプラセンタを摂取できるし、国産SPF豚で、お手頃価格なので、良いプラセンタサプリだと思います。

ちなみに、口コミや評判を見ていると、プラセンタサプリを飲むと太ったり副作用が出たりするのではないかと心配している方も多いようです。でもあくまでサプリメントなのでそういう心配はないのではないかと思います。

どうしても心配な方はお医者さんにたずねてみるとよいでしょう。

 

総合評価

【DHCプラセンタの総合評価】
パッケージに誤解するような表記の仕方をしていたり、余分な成分が多かったりとマイナス点もありますが、価格も安く、品質も結構よいので、豚プラセンタでも良いというかたにはおすすめできます。
効果のほうは人によって異なるところもあると思いますが、成分を見るとプラセンタ量も多いし、試す価値はあると思います。

 


そもそも豚プラセンタってあまりおすすめできません。私はプラセンタサプリに関する口コミなどを日々調べていますが、やはり実感度が圧倒的に高いのは馬プラセンタです。

私が一番おすすめしているプラセンタは、純国産馬プラセンタにもかかわらず、かなり続けやすい価格で、しかも品質は最高レベルです。DHCプラセンタより値段は高いですが、毎日飲むものだからよりよいサプリを飲むのがよいと思います。

こちらで体験レビューを書いていますので、本気でプラセンタサプリで美容や健康を手に入れたい方は是非ご覧ください!

yajirushi1過去最高の馬プラセンタサプリ体験レビューはこちら
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ