美つぶプラセンタ&ローヤルゼリーの3つの欠点とは?

bitubu

今回はアサヒフードアンドヘルスケアの美つぶプラセンタ&ローヤルゼリーのレビューをしたいと思います。

美つぶプラセンタ公式サイト

【美つぶプラセンタ&ローヤルゼリーの特徴】
・販売会社:アサヒフードアンドヘルスケア
・豚プラセンタ
・1日分(2粒)あたり100mgのプラセンタ配合
・内容量 2粒あたり660mg
・乳酸菌50mg、ローヤルゼリー5mg、大豆イソフラボン1mg配合(それぞれ2粒あたりの配合量)

【原材料名】
オリーブ油、豚プラセンタエキス末、乳酸菌末(殺菌)、乾燥ローヤルゼリー末、大豆イソフラボン、ゼラチン、グリセリン、カラメル色素、ミツロウ、乳化剤

【販売価格】
60粒(30日分) 1,600円+税

 

美つぶプラセンタ&ローヤルゼリーは有名企業のAsahi関連会社のプラセンタサプリです。有名企業が販売しているプラセンタだけあって、一見安心できそうなプラセンタではありますが、果たしてプラセンタサプリとしての実力はどの程度なのでしょうか。

 

豚の生産国の記載がない

まずで気になったのが、この美つぶプラセンタは豚プラセンタなのですが、豚の産地が表記されていないということです。なので、どこの国の豚を使っているのか全く分かりません。

スーパーとかで買い物をしているならわかると思いますが、加工食品などで国産だったら「国産」とちゃんと表記します。しかし、外国産だったらたいてい何も表記しないことが多いです。(※確か50%以上を占める原材料なら産地の表示が義務付けられていたと思いますが)

なので、何も書いていないということは外国産である可能性が非常に高いです。

いずれにせよ、体内に取り入れるものなので、産地の記載くらいはしてほしいですね。

 

ローヤルゼリーが少なくないですか?

このプラセンタサプリは「美つぶプラセンタ&ローヤルゼリー」という名称だけあって、ローヤルゼリーも準主役なのだと思います。しかし、ローヤルゼリーの配合量がとても少ない。

1日分(2粒)あたり、わずか5mgです。

私はローヤルゼリーのことについては全然詳しくありませんが、いくらなんでも5mgというのは少なすぎやしませんか?1mgとかでも劇的な効力を発揮するとかいうのなら話は別ですが……。

 

オリーブオイルがほとんどを占める

美つぶプラセンタの原材料は【オリーブ油、豚プラセンタエキス末、乳酸菌末(殺菌)、乾燥ローヤルゼリー末、大豆イソフラボン、ゼラチン、グリセリン、カラメル色素、ミツロウ、乳化剤】となっています。

この順番に注目してください。原材料は、配合量が多いもの順に記載することが義務付けられています。ということは、一番多い原材料はオリーブ油ですよね。

そして、2粒あたりの容量は660mgです。

ここまでよろしいでしょうか?

次に、

・プラセンタ100mg
・乳酸菌50mg
・ローヤルゼリー5mg
・大豆イソフラボン1mg
(それぞれ2粒あたりの配合量)

こちらの主要な原材料を足し合わせると156mgになります。

残りのゼラチン、グリセリン、カラメル色素、ミツロウ、乳化剤については、大豆イソフラボンが1mgなので、これら4つは1mg以下ということになるので、ほとんど無いに等しいです。

ということは、660mg-156mg=504mgがオリーブ油ということになります。

実に76%がオリーブ油ということになります。

約4分の3をオリーブ油にして2つにするくらいなら、1つにまとめてオリーブ油を減らしたらどうなんだと思ってしまうのですが。量を多く見せかけてお得感を演出する作戦なのでしょうか。それともまた別の理由が……。

まあ、オリーブ油は健康に良いと言われているのでまだ救いがありますが。

 

美つぶプラセンタ&ローヤルゼリーの総合評価

産地がわからないということと、ローヤルゼリーが少ないこと、オリーブ油が大半を占めていること、そして肝心のプラセンタ配合量は100mgと少ないことなどから、美つぶプラセンタはおすすめできません。

 


そもそも豚プラセンタ自体おすすめできません。私はプラセンタサプリに関する口コミや評判などを日々調べていますが、やはり実感度が圧倒的に高いのは馬プラセンタです。

私が一番おすすめしているプラセンタは、純国産馬プラセンタにもかかわらず、安いお値段で、品質は最高レベルです。

こちらで体験レビューを書いていますので、本気でプラセンタサプリで美容や健康を手に入れたい方は是非ご覧ください!

yajirushi1過去最高の馬プラセンタサプリ体験レビューはこちら
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ