プラセンタサプリの選び方/馬や豚を比較、効果があるのは?

77a62a18d87880a213fbb4dacf07d03d_s
こちらでは、プラセンタサプリの選び方について、私なりの見解を書かせていただきました。プラセンタ選びの参考になれば幸いです。

 

【プラセンタの種類について】
まず、現在販売されているプラセンタサプリには以下の種類のものがあります。

・豚プラセンタ
・馬プラセンタ
・羊プラセンタ
・植物プラセンタ
・マリンプラセンタ

プラセンタとは動物の胎盤のことなので、植物プラセンタをプラセンタと言ってよいのかは疑問ですが……。魚類のマリンプラセンタも同様ですね。(サメは胎盤があるようですが)羊プラセンタは日本では製造が認められておらず、国内で販売されている羊プラセンタは輸入品になります。

羊プラセンタや植物プラセンタ、マリンプラセンタはごく少数しか販売されておりません。効果の方も謎の部分が多く、価格も結構高いので、初心者があえて冒険するべきではないかなと思います。植物や魚はマニア向けではないかと……(^_^;)

市場に出回っているのはほとんどが豚プラセンタか馬プラセンタですし、豚プラセンタか馬プラセンタで迷っている方が非常に多いので、豚と馬の一つの選択の仕方をご提案したいと思います。

 

豚と馬ではどっちが良い?

7a199e20b24df9f577d7d72fa61ca031_s
いろいろな販売会社のプラセンタ販売ページや、個人のサイト・ブログなどを見ると、馬のほうが良いとか、豚のほうが良いとかいろいろな主張があるわけですが、どちらが効果的かという確固とした科学的なデータはないんですね。

豚プラセンタ販売会社はいかに豚プラセンタが馬プラセンタより優れているかを説く、逆に馬プラセンタ販売会社はいかに馬プラセンタが豚プラセンタより優れているかを説く、といった感じですね。素人には説明だけでどっちが良いか判別することは不可能です。

割と勝手に言っているようなところもあると思います。ただし、いろいろなプラセンタを見てきて思うのは、やはり馬プラセンタのほうが評判が良いということですね。効果という点からしてもやはり馬でしょう。

というのも、豚プラセンタには結構怪しいプラセンタサプリが多いんですね。たしかに価格は安いものが多いのですが、成分を注意深く観察してみると、プラセンタ末はわずかしか入っていなくて、残りはデンプンや油類などの、別に摂りたくもないような成分ばかりで占められていたりするものが多いんですね。

いくら安くても、変なものは飲まないほうが良いです。逆に馬プラセンタではそういった変なサプリは見たことがありません。そのかわり、一般的に価格は豚プラセンタよりも数倍高いです。やはりよい物は高いということですね。それなりの効果を期待しようと思ったら、それなりのお金をださないといけないということですね。

なので、結論としましては、おおざっぱに言うと、気持ち程度なら豚プラセンタ、本格派なら馬プラセンタという選び方を当方ではおすすめします。もちろん、豚プラセンタにも優れた成分のものもありますので、絶対的に馬のほうが良いというわけではありません(もちろん価格は高くなりますが)。

当ブログ管理人は本格志向派なので、馬プラセンタを推奨しています。なので、ここからは馬プラセンタのお話になります。

 

馬プラセンタの種類

03622140a47a6ad0fff3d50e41d90f0e_s
馬プラセンタの産地には国産、アルゼンチン産、メキシコ産、キルギス産の4つが今のところ確認されています。そして、普通の馬サラブレッド馬かという区別もあります。

では、どれがプラセンタサプリとして優れているのでしょうか?

これも、豚プラセンタと馬プラセンタのどちらが良いかということと同じで、どれが良いかという科学的な証明がありません。

ですが、普通に考えると、外国産より国産、普通の馬よりサラブレッドということになると思います。アメリカ産牛肉より国産、普通の牛より松坂牛、神戸牛、近江牛などのブランド牛が良いと思うのと同じですね。

 

馬プラセンタサプリでおすすめなのは?

では、どのような馬プラセンタサプリがおすすめなのでしょうか?

馬プラセンタを選ぶ際には下記の点を特に注意して選んでください。

・価格
・成分
・無添加か?
・製造方法
・衛生管理

【価格】
まず初めの価格について。もちろん値段が安いということに越したことはないのですが、格安というだけではだめです。品質に対して価格が安いものを選びましょう。つまりコスパが良いということですね。

もちろん、経済的に余裕がある方は、高価なものを購入したら良いと思いますが、そうでない方は、プラセンタサプリは継続しないと意味がないので、毎月続けられそうな価格で、なおかつ品質の優れたものがおすすめです。それから、初回お試し価格などが設定されているとなお良いですね。

【成分】
成分については、プラセンタ配合量を見てください。その際、原料換算ではなく、実質の配合量(プラセンタエキス末)を見てください。原料換算というのは、原料の胎盤で換算するとどれくらいの量かということです。原料の胎盤から不要な水分や不純物を取り除いたものがサプリになるわけです。なので、その精製されたプラセンタエキス末がどのくらい入っているかということが重要なわけです。

【製造方法について】
実際にプラセンタを製品化するときに、なるべく分子量を小さくして吸収しやすくされた製法で製造されたプラセンタサプリがおすすめです。というのも、最終的に吸収して体内に取り入れないといけないので、この辺りはとても重要だと思います。

【無添加かどうか】
やはり毎日口にするものなので、無添加・無着色・無香料のものが望ましいですね。

【衛生管理】
衛生管理がしっかりしたところで製造されているもののほうが当然ながら安心です。GMP認定工場(荷・製造、集荷までの厳しい品質管理基準を満たしていることを示す工場のこと)で製造されていると安心感があります。

 
以上のポイントを十分満たしているのは、私の知る限りではやはりTP200というプラセンタサプリでしょう。北海道産サラブレッド馬プラセンタなのに、かなりお得な価格で続けることができます。私も実際飲んでいるので、本気で美容や健康を目指すなら、是非ご覧ください。

yajirushi1当ブログ管理人愛用の馬プラセンタTP200体験談
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ