ドクターセレクトプラセンタゼリーに要注意

Dr.select-jelly

今回は株式会社ドクターセレクトのドクターセレクトプラセンタゼリーのレビューをしていこうと思います。

ドクターセレクトプラセンタゼリー公式サイトはこちら

【ドクターセレクトプラセンタゼリーの特徴】
・販売会社:株式会社ドクターセレクト
・豚プラセンタ
・トランスレスベラトロール、ヒアルロン酸配合
・1本あたり16000mgのプラセンタ配合

【配合成分】
プラセンタエキス、エリスリトール、赤ワインエキス末、トレハロース、ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、野菜色素、甘味料(アセスルファムカリウム、ステビア)、酸化防止剤(酵素処理ルチン)、ヒアルロン酸、(原材料の一部に豚肉を含む)

【販売価格】
1パック 120g 800円+税
1箱(7パック入) 5,600円+税

ドクターセレクトプラセンタゼリーは前回レビューさせていただいた、ドクターセレクトプラセンタ250000のゼリー版ですね。

ドクターセレクトプラセンタ250000のレビュー記事

ドクターセレクトプラセンタ250000のほうは、当方の意見としてはおすすめできない部類のプラセンタになりますが、結論から言いますと、こちらのドクターセレクトプラセンタゼリーも同じくおすすめできません。

 

まず原料の産地が書かれてない

まず気になったのが、公式サイトの販売ページを見てもわかるように、ドクターセレクトプラセンタゼリーには原料の産地が記載されていません。このプラセンタは豚プラセンタですが、豚の産地が不明ということですね。

ドクターセレクトプラセンタ250000の場合は国産SPF豚プラセンタでしたので、ドクターセレクトプラセンタゼリーのほうもそうである可能性はありますが、こういうのは油断できません。

(※SPF豚……病原菌などが少なく、普通の豚より良い衛生環境の基に飼育されている豚)

外国産の可能性も十分にあります。やはり、口にするものですから、産地くらいは明確にしておいてほしいところです。

 

プラセンタ配合量16000mgはウソ?

ドクターセレクトプラセンタゼリーには1本あたり16000mgのプラセンタ配合が入っていると公式サイトに書かれています。ですが、これはおそらくウソでしょう。16000mgというと、プラセンタサプリの常識からいうとあり得えないほど大量のプラセンタ量です。

確かに価格はそれなりにしますが、それを考慮したとしても多すぎる量です。

では、この16000mgとは何かと言いますと、このブログでも何度も書いているように、「原料」の量の可能性が極めて高いということですね。

プラセンタのサプリやドリンク、ゼリーなどを製造するときは、原料であるプラセンタの胎盤から、水分や不純物などの余計なものを取り除き、わずかなプラセンタエキスを抽出します。そのわずかなプラセンタエキスが実際にサプリなどに入っているんですね。

ですが、豚プラセンタ業界では原料の量があたかも入っているように宣伝して、いかにもたくさんのプラセンタが入っていることをアピールしている会社がたくさんあります。

ドリンク版のドクターセレクトプラセンタ250000も同様でした。

販売ページからは情報が不足しすぎていて読み取れないので、あくまで推測の域になりますが、その可能性は高いでしょう。

 

ドクターセレクトプラセンタゼリーの総合評価

原料である豚の産地が不明で、実際のプラセンタエキス含有量も怪しげなので、購入はおすすめできません。さらに価格も1個あたり800円+税とかなり高いです。

無理してまで購入する必要はないのかなというのが率直な感想です。

 


そもそも豚プラセンタ自体おすすめできません。私はプラセンタサプリに関する口コミや評判などを日々調べていますが、やはり実感度が圧倒的に高いのは馬プラセンタです。

私が一番おすすめしているプラセンタは、純国産馬プラセンタにもかかわらず、非常に安い価格で、品質は最高レベルです。

こちらで体験レビューを書いていますので、本気でプラセンタサプリで美容や健康を手に入れたい方は是非ご覧ください!

yajirushi1過去最高の馬プラセンタサプリ体験レビューはこちら
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ