セルセラプラセンタが合う人、合わない人

cellcera

今回は羊プラセンタのセルセラ(Cell Cellar)プラセンタをレビューしていきたいと思います。なにかの参考になれば幸いです。

セルセラプラセンタの公式サイト

【セルセラ(Cell Cellar)プラセンタの特徴】
・羊プラセンタ
・ニュージーランド産
・1粒の容量1740mg
・1粒(1日分)あたり、羊プラセンタ400mg配合
・1箱購入すると「幸運の馬蹄ペンダント」がプレゼントされる

【原材料名】
羊プラセンタ400mg(濃縮50倍20,000mg相当)、海洋性プロテイン200mg、ビタミンC120mg、大豆油458.28mg、ミツロウ27.22mg、バター脂肪34.5mg、大豆レシチン20mg、魚ゼラチン293.4mg、グリセリン74.8mg、ソルビトールシロップ70.4mg、精製水206.31mg、カラメル色素0.354mg、カロテン色素1.448mg、カブサイシン色素0.651mg、ベタニン色素0.354mg

【販売価格】
30粒(30日分) 19,440円(税込)+送料500円

 

セルセラプラセンタは羊プラセンタです。羊プラセンタはほとんど出回っていないので珍しいプラセンタです。

1箱購入すると「馬蹄ペンダント」がプレゼントされるというのもかなり珍しいですよね。まあ、私は全然欲しくないですが……。なんで羊プラセンタなのに全く関係のない馬蹄なのでしょうか(笑)

羊にはスクレイピーという伝染病があるため、日本政府では、羊由来の原料に制限をかけています。なので、日本では羊プラセンタは製造されておらず、外国から輸入するという形をとっているわけです。

 

セルセラプラセンタの成分について

セルセラプラセンタは、1粒あたり400mgという多めのプラセンタが配合されています。ただ、1粒の内容量が1740mgなので、結構プラセンタ以外の成分も多いですね。

例えば、【海洋性プロテイン200mg、大豆油458.28mg、ミツロウ27.22mg、バター脂肪34.5mg、魚ゼラチン293.4mg、グリセリン74.8mg、ソルビトールシロップ70.4mg、精製水206.31mg】など、プラセンタ以外の成分が圧倒的に多いです。

1粒1740mgというと、一般的なプラセンタサプリの4~5倍はあるので、結構大きな粒なのかもしれません。もう少し、プラセンタ以外の成分を少なくして、飲みやすい大きさのほうがいいのではないかと思ったりしました。

ひょっとしたら何かわけがあってのことかもしれませんが。そのあたりはわかりません。

 

羊プラセンタ系は価格が高い

羊プラセンタは、私は飲んだことがないので効果のほうは何とも言えませんが、数少ない羊プラセンタの口コミでは、割と評判が良い傾向があるように感じます。ただ、価格がどれもかなり高額なのが難点です。

こちらのセルセラプラセンタも1箱(30粒入り)で「19,440円+送料」とかなり高額です。経済的にゆとりのない方は、結構な冒険になるのかなと思います。

 

セルセラプラセンタの総合評価

実は羊プラセンタは私も試したいと思っているプラセンタです。こちらのセルセラプラセンタも、公式サイトを見た感じ良いイメージを持ちました。しかし、お値段が高すぎるので、私には現実的に厳しいです。

お金に余裕がある方は試してみるのも良いと思いますが、そうでない方は無理に購入するのもどうかな~と思います。というのも、いくら良さそうでもやはりある程度は継続できないことには意味がないからです。

 


もし、あなたが私と同じようにお金に余裕がないタイプの方なら、私も愛用している純国産馬プラセンタのほうが適しているかもしれません。

純国産馬プラセンタにもかかわらず、安いお値段で、品質は最高レベルです。私も十分に効果を実感しています。

こちらで体験レビューを書いていますので、本気でプラセンタサプリで美容や健康を手に入れたい方は是非ご覧ください!

yajirushi1過去最高の馬プラセンタサプリ体験レビューはこちら
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ