オーガランドのプラセンタがおすすめできない3つの理由~口コミ・効果

ogaland01

 

楽天ランキングでも比較的上位に食い込んでいるオーガランドのプラセンタ。
楽天レビューで口コミや評判を調べてみましたが、総合的に見ても、それほど悪い口コミが多いわけではありません。そして、効果があったという感想を書いている方もちらほら見かけますので、何かしらの効果を感じる方も確かにいるのでしょう。

しかし、私は以下の3つの理由でオーガランドのプラセンタはおすすめできません。

1. 原料となる豚の産地を表記していないこと
2. 内容量が1カプセル480mgなのに、72mgしかプラセンタが入っていないこと
3. 4つの成分の配合量が表記されていないこと

順番に説明していきたいと思いますが、まずはオーガランドのプラセンタの特徴を見ていきましょう。

 

オーガランドのプラセンタの特徴

オーガランドのプラセンタの特徴は以下のようなものです。

・豚プラセンタ
・50倍濃縮
・3,600mg相当のプラセンタ
・発酵はちみつパウダー、フィッシュコラーゲン、シルクペプチド、アルガンオイルの4つの成分も配合されている
・独特の臭いを抑えた飲みやすいカプセルタイプ
・単品購入価格 1カ月分 1,404円+送料399円(税込)
・定期購入価格 1カ月分 770円(税込・送料込み)
・定期購入価格 3カ月分 1,800円(税込・送料込み)

以上がオーガランドのプラセンタの特徴になります。

では、オーガランドのプラセンタがおすすめできない理由について説明していきたいと思います。

 

オーガランドのプラセンタがおすすめできない3つの理由

ogaland02

1.豚の産地を表記していない

オーガランドのプラセンタは、販売ページに記載されている通り、豚由来のプラセンタサプリです。それで、産地はどこかな?と思って販売ページをくまなく調べてみたのですが、どこにも見当たらないんです。しっかりした販売者なら必ず記載しているのですが……。

国産なのか、外国産なのか……。まあ、産地がないということはほぼ確実に外国産なんですけどね。まさか中国産だったりして。

で、気になったので、販売元に電話をして聞いてみました。そしたら、なんとイタリア産だということがわかりました。

う~ん、イタリア産の豚ってあんまり聞かないですよね!トルコ産マツタケみたいな感じで。なので、産地を公開しなかったんでしょうか。

いずれにせよ、産地をきちんと表記していないのは、何か隠しているようでよろしくないですよね。
 

2.内容量が1カプセル480mgなのに、72mgしかプラセンタが入っていない

ogaland04

販売ページによると、オーガランドのプラセンタには3,600mg相当のプラセンタが入っているとのことです。数字だけ見ると何やらかなりの量が入っている印象を受けるのですが、ここで気をつけなくてはいけないのは「3,600mg相当」だということです。「3,600mg」のプラセンタが入っているわけではないのです。つまり、3,600mgを50倍濃縮して、実際には72mgのプラセンタというわけです(3,600÷50=72)。

濃縮プラセンタというのは、原料のプラセンタから水や不純物を取り除いて、できるだけ純粋なプラセンタにするということです。たとえるなら、海水から塩のみを抽出するようなイメージです。だから50倍濃縮・3,600mg相当と言っても、要は72mgのプラセンタしかないということです。

そもそも原料から不純物を取り除くなんて当たり前なのではないでしょうか。正直、「3,600mg」といかにもたくさん入っているイメージを持たせるトリックのような気がしてなりません。

さらに気になるのは、1カプセルあたり480mgなのに、プラセンタの含有量は72mgにすぎないということです。パーセントにするとたったの15%です。残りの85%はどんなものが入っているのかと疑問に思ってオーガランドプラセンタの成分を見てみると、

ogaland03
 
ogaland05

豚プラセンタエキス末
・オリーブ油
・ひまわり油
・サフラワー油
・アルガン油
・コラーゲンペプチド(魚由来)
・デキストリン
・発酵はちみつ
・シルクペプチド
・ゼラチン
・グリセリン
・ミツロウ
・グリセリン脂肪酸エステル
・ビタミンB2
・植物レシチン(大豆由来)

とありました。
プラセンタ以外にもいろいろな成分が詰め込まれているようです。

ここまで調べてはっとあることに気が付きました。そもそも何で1カプセル480mg中にプラセンタがたったの15%しかないのか。このアンバランスさは何なのかと。

……。

……。

……。

おそらくこれは大きく見せるためです。72mgのプラセンタのみだったら15%なので、大きさは今の6分の1以下になります。これだと小さすぎて商品としての見栄えがよくないのでしょう。だからゼラチンやグリセリン、ミツロウ、油類など、安価なものをたくさん混ぜて大きく見せているのです。

せっかくプラセンタを濃縮して不純物を取り除いているのに、いざサプリメントとして製造するときには、わざわざ不純物ごときものを入れなおしている。どうしても矛盾を感じざるを得ません。
 

3.4つの成分の配合量が表記されていない

オーガランドのプラセンタには、プラセンタ以外にも4つの成分が配合されていると販売ページに書かれています。


・発酵はちみつパウダー
・フィッシュコラーゲン
・シルクペプチド
・アルガンオイル

の4つですね。

販売ページでかなり大きく取り扱っているので、これらも目玉の一つだと思いました。そこで、これらの成分がどれくらい配合されているのか気になったので、販売ページを調べましたが、なんとどこにも記載されていません。

1カプセル480mg中に4つの成分が一体何グラム配合されているのか、謎です。ちゃんと表記しないということはちょっとしか入っていない可能性が高いです。とても怪しいところです。

 

総合評価

確かに価格は安いですが、安いなりの品質です。特に「3,600mg相当」や「50倍濃縮」などと、数値で錯覚させようとするところがいかにも不正直です。また、消費者が知りたい情報をきちんと表示していないところもマイナス評価です。全体的に、それほどの品質ではない商品を文章表現でカバーして実質より良く見せようというイメージを持ちました。なので、私はこのプラセンタサプリはおすすめしません。

 


そもそも豚プラセンタってあまりおすすめできません。私はプラセンタサプリに関する口コミなどを日々調べていますが、やはり実感度が圧倒的に高いのは馬プラセンタです。

私が一番おすすめしているプラセンタは、純国産馬プラセンタにもかかわらず、かなり続けやすい価格で、品質は最高レベルです。

こちらで体験レビューを書いていますので、本気でプラセンタサプリで美容や健康を手に入れたい方は是非ご覧ください!

yajirushi1過去最高の馬プラセンタサプリ体験レビューはこちら
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ